サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ

    --

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2009

02.09

子どもたちの心と体に寄り添う~子ども医療でチャイルド・ライフがめざすもの

アメリカのチャイルド・ライフ・スペシャリストの講演を
日本で聞くことができる機会ができました!

「子どもたちの心と体に寄り添う
~子ども医療でチャイルド・ライフがめざすもの」


子ども病院に通う子どもたち、長期の入院を余儀なくされる子どもたち。彼ら、彼女たちは、これまで体験したことのない特殊な立場に身を置いています。

その子どもたちの心と身体に寄り添う専門家-チャイルド・ライフ・スペシャリストは、北米では、子ども病院、小児病棟など、医療施設の95%に配置されています。

長年にわたりアメリカにて実践を続けておられるサンドラさんを迎え、子ども医療における子どもたちの心と身体、そして子どもたちをとりまく環境について、議論を深めて参りたいと思います。

講師:サンドラ・ウェストフォール氏
    認定チャイルド・ライフ・スペシャリスト
    ドーンベッカーこども病院 
    チャイルド・ライフ・プログラム・コーディネーター


●東京会場●
 日時:2009年2月21日(土)
     13:30~17:00(13:00~受付)
 場所:聖路加看護大学1階
     アリス・C・セントジョン メモリアルホール
 参加費:無料
 定員:230名(定員になり次第締め切ります)

●福岡会場●
 日時:2009年2月22日(日) 13:00~17:00(12:30~受付)
 場所:エルガーラホール中ホール(福岡市中央区天神1-4-2)
 参加費:無料
 定員:150名(定員になり次第締め切ります)

●福岡会場●
 日時:2009年2月22日(日) 13:00~17:00(12:30~受付)
 場所:エルガーラホール中ホール(福岡市中央区天神1-4-2)
 参加費:無料
 定員:150名(定員になり次第締め切ります)

共催:九州大学ユーザーサイエンス機構子どもプロジェクト
    日本チャイルド・ライフ研究会、聖路加国際病院小児科

後援:厚生労働省(予定)
    福岡講演のみ:福岡県、福岡県教育委員会、福岡市、福岡市教育委員会

申し込みは こちら(九州大学ユーザーサイエンス機構) から。

スポンサーサイト

イベント・学会・講演会情報(青)
トラックバック(0)  コメント(2) 

    2008

07.22

40000件達成

このブログを訪れてくださった方が4万件を超えました。
1日に複数回訪れた場合の重複カウントは抜きの数字です。
(同じ人が別の日に訪れたらまた新たにカウントされます。)

2005年から始めたこのブログ。
4年目で4万件。

日本で仕事を始めてからは、プライベートのメールすら毎日は開けていないので
ブログの更新までなかなか手が回らない日々です。

最近はあまり記事を書いていないにも関わらず、
たくさんの方がメールフォームなどでメッセージや質問をくださっているので、
このブログが残っていることは無駄ではないと思いつつ。

今後もイベント情報などなるべく更新していきたいと思います。

未分類
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2008

06.19

アメリカの実践に学ぶ がんと生きるノウハウ~子どもに親のがんをどう伝え、どう支えるか


アメリカで活動しているCLSが来日して講演をするそうです。
成人患者さんのこどもたちへのサポートは、
アメリカのチャイルド・ライフでも新しく注目されている取り組みです。
私も参加することにしました。

マーサ・アッシェンブレナー氏招待講演=同時通訳付き=

アメリカの実践に学ぶ がんと生きるノウハウ
~子どもに親のがんをどう伝え、どう支えるか~

 がんと診断されたとき、小さいお子さんのいる多くのかたは、子どもに病気をどう伝えるか、とても悩んだことと思います。アメリカのMDアンダーソンがんセンターでは、がんの親を持つ子どもへのケアが実践されています。その推進役であるマーサ・アッシェンブレナーさんを日本にお招きし、伝えることのメリットや、子どもの年齢に応じた伝え方などについてお話ししていただくこととなりました。診断時、治療中、治療後、あるいは命の終わりが近い時、これらのどの局面にも対応できるよう、まず、がんと診断された時からのノウハウについて、アメリカでの実践を学びます。また、診断されたばかりの患者とその子どもに対して、周囲がどのようにサポートできるかについても、お話ししていただきます。患者自身はもちろん、家族や医療者、コメディカルの方々、あるいは患者会の方々にも、ぜひ聴いていただきたい内容です。
■日 時 2008年7月19日(土)午後1時半~4時(開場1時)
■会 場 東京ウィメンズプラザホール (渋谷区神宮前5-53-67)
       渋谷駅下車徒歩12分、地下鉄表参道駅下車徒歩7分
■講 師 MDアンダーソンがんセンター チャイルド・ライフ・スペシャリスト
        マーサ・アッシェンブレナー氏
■定 員 240人(先着申し込み順)
■参加費 無料
■共 催 ノバルティスファーマ株式会社
■後 援 (財)日本対がん協会、ジャパン・ウェルネス、(社)日本医療社会事業協会、(社)東京都医療社会事業協会
■申込み 申し込みページからお申し込み下さい。折り返し送付される受付完了メールを印刷し、当日ご持参ください。

== 講師ご紹介 ==
マーサ・アッシェンブレナー氏
**************************************
カリフォルニア州立大学で児童発達学を学び、チャイルド・ライフ・スペシャリストとして働く。
13年前からはMDアンダーソンがんセンターにて、チャイルド・ライフ・プログラムのディレクターとして勤務。
12年前、子どもが4歳の時に乳がんと診断され、化学療法と手術を受けた。その時の経験から、子どものいるがん患者に対する支援がないことに気づき、 KNITプログラム(がんと診断された親を、診断時、治療中、終末期に支えるプログラム)を立ち上げた。3年前からはKNITプログラム・マネージャーとして活動している。
**************************************

イベント・学会・講演会情報(青)
トラックバック(0)  コメント(1) 

    2008

04.29

おばあちゃんのきおく

久しぶりの記事です。
アメリカで出会った素敵な絵本が翻訳されていることを知りました。
以前、このブログで紹介した”Wilfrid Gordon McDonald Partridge”という絵本です。

本当に素敵な絵本で、
いつか和訳されたら素敵なのに!!と思い続けていた作品です。

今日、本屋さんで偶然手に取った本が、この絵本が和訳されたものでした。
日野原重明先生が翻訳されたそうです。

Memoryの部分を私が以前書いた記事では”思い出”と訳しましたが、
日野原先生は”きおく”と訳されました。
翻訳は奥深いですね。
いつか私も絵本の翻訳ができたらいいな。なんて思っています。


おばあちゃんのきおくおばあちゃんのきおく
(2007/11/29)
M. フォックス

商品詳細を見る

本(紫)
トラックバック(0)  コメント(1) 

    2007

12.25

クリスマス

身近にとっても悲しいことがあって、
世の中のお祝いモードを辛く感じる人の気持ちというのを
少しばかり味わっています。

悲しみを抱えた人には辛い季節やイベントが、
他にも色々あるんだろうな。と。

そう思うと色々なことを手放しに祝い、喜ぶばかりでなく、
その都度、色々な気持ちへの配慮ができる人になりたいなぁと思います。

未分類
トラックバック(0)  コメント(2) 

 |TOPBack
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。